beach-315245

じゃらんや楽天と相乗効果を

Posted on

宿泊ポータルサイトに

  • じゃらん
  • るるぶ
  • 楽天トラベル
  • etc

 

宿の情報を掲載して、そこから集客されている宿はかなりの比率だと思います。

だから、独自のホームページにはお金を掛けなくてもいいかな??って思われてますかね。

 

私の場合 沖縄の宿を探すのはたいがい「じゃらん」をまずは検索して、基本プランを検討します。

口コミ情報はかなり参考にします。

そして、その宿で検索エンジンでサーチして、宿のホームページを見にいきます。

 

そのページで良いプラン・・・例えば、web限定の 先得プランや、リニューアルキャンペーンとかがあれば、じゃらんからではなく 宿のサイトから予約することがあります。

リクルートポイントがつくとはいってもわずかですし、次の旅行でそれを使うより、目の前の決まっている旅程の金額が少しでもお得になった方がいいかなって思います。

じゃあ、 じゃらんとかは宿側も手数料をとられるから、掲載しなくてもいいかというとそれはそれで、問題はありかと。

まず「宿の名前」をしって貰わないことにはgoogleなどで直接調べてくれるわけがありません。いづれかのやはり宿泊ポータルへの掲載は集客のためには必須だとは思います。

 

じゃらん → プランヒット → 詳細情報 

  → 検索エンジン → 独自サイト → 予約 → じゃらん予約

 

ただ、前記のように、自社サイトでの積極的・良質な情報提供とを組合せることでより、効果的になるとお見ます。

たとえば・・・宿の周辺情報やアクティビティ。宿泊客からの口コミコメントやオーナーなどのブログ的な情報が頻繁に更新されていれば、お客さんへのホスピタリティーとして新しい情報提供に積極的な姿勢もアピールできます。

 

サイト構築に初期費用がかなり掛かる場合は別ですが、新しいサイトが手軽に低コスト・・・初期費用が無料であれば、まずはトライしてみる価値はあると思いませんか?

じゃらんで調べてもらって、自社サイトで予約してもらう。 もしくはじゃらんの規定掲載内容では足りない情報を補完することで、さらに魅力をアピールできることで、さらに相乗効果を上げる。

 

旅行・宿泊情報を得る側も与える側も、今やネットやスマホの活用は必須。ちょっと注力することで、その成果が変わってくるはずです。

さあ、頑張って 一緒に いいサイトを作りましょう!。